デュオクレンジングバームの使い方。効果を最大限に引き出す効果的な使い方とは

デュオクレンジングバーム,使い方

年齢とともに、肌の毛穴の黒ずみや、肌のくすみが気になりだしました。

 

年齢のせいだとあきらめていたのですが、今話題のデュオクレンジングバームを使うことで毛穴の黒ずみが消えて、肌が以前とは変わってきたのです。

 

クレンジングで肌が変わるなんて思いもしませんでしたが、どんどんデュオクレンジングバームを使っていくうちに、肌の調子もよくなり、肌にツヤが出てくるようになった気がします。

 

このデュオクレンジングバームで、つやのある肌を目指してみませんか?

 

まずは、デュオクレンジングバームで正しいクレンジングの方法をご紹介します。

 

 

デュオクレンジングの効果的な使い方とは

デュオクレンジングバーム,使い方

デュオクレンジングバームを使って、透明感のある肌を目指したい方、正しいクレンジングの方法で洗顔をしないと効果が出ません。

 

正しいクレンジングの方法を知っておきましょう。

 

手が乾いている状態で始める

顔や手が乾いた状態でクレンジングをしてください。

 

つい濡れた手でクレンジングをしてしまいがちですが、水が混ざると効果がでません。

 

バームを手に取る

専用スプーン山盛り一杯のデュオクレンジングバームを手に取り、顔全体になじませます。

 

円をかくようになじませる

顔全体にデュオクレンジングバームを広げて、大きく下から上へ、顔の内側から外側へとクルクル円を描くようになじませます。

 

力の入れすぎや長時間のマッサージは、肌に負担がかかり、シワの原因になるので、優しく1分程度でマッサージをしましょう。

 

汚れが貯まりやすい箇所もマッサージする

汚れのたまりやすい箇所、小鼻や目元、口元などは指の腹をつかって細かくクルクルとマッサージしていきましょう。

 

洗い流す

マッサージしていくうちに汚れが浮き上がってきます。
ぬるま湯で20〜30回ほど丁寧に洗い流しましょう。

 

熱いお湯やシャワー水圧を使わずに、ぬるめのお湯を洗面器にためておき、しっかりとすすいでいきましょう。

 

最初、すすいだ時は白く濁るはずです。
汚れが落ちている証拠ですので、透明になるまで洗い流しましょう。

 

しっかり洗い流しておかないと、ニキビの原因になりますので、すすぎはしっかりとしましょうね。
洗いあがりの目安はヌルヌル感がなくなり、しっとり感が出てくるのが洗いあがりのベストの感触です。

 

もう一つ、このデュオクレンジングバームの優れたところは、ダブル洗顔が不要のところです。
このデュオクレンジングバーム一つで、クレンジングと洗顔をしてくれるので、面倒ではないのが魅力的です。

 

水分をやさしく拭き取る

最後はタオルで簡単に水気を取っておしまいです。

 

ゴシゴシとタオルで顔をこすらないようにしましょう。

 

デュオクレンジングバームを使う時の注意点として、強く、長時間こすらずに優しくマッサージしていくこと、ぬるぬる感がなくなるまですすぎをしっかりとすることです。

 

デュオクレンジングバームの間違った使い方。こんな使い方はだめ!

デュオクレンジングバーム,使い方

先ほど、デュオクレンジングバームの正しい使い方をご紹介しましたが、間違った使い方をすると、効果が出ませんので、注意をしてください。

 

まずは、濡れた手で使わないことです。

 

汚れとのなじみを悪くするので、汚れ落ちが半減してしまいますので、乾いた手で使いましょう。

 

そして、デュオクレンジングバームでのマッサージの力の入れすぎや長時間のマッサージは肌に負担がかかり、乾燥やシワくすみの原因になるので、優しくマッサージをして、1分程度で済ませましょう。

 

一番の注意点は、すすぎをしっかりすることです。

 

ぬるま湯で20〜30回はすすぐようにしましょう。

 

少しすすぎが多く感じるかと思いますが、しっかり落とさないとニキビの原因となります。

 

お湯の温度も高くせず、シャワーですすがないことも注意してください。

 

ヌルヌル感がなくなるまでしっかりとすすぎをすることが重要になります。

 

お湯が透明になるまで、しっかりとすすぎをするようにしましょう。

 

間違った使い方をせずに使い続けていくと、肌の調子に効果をもたらします。

 

まとめ

デュオクレンジングバーム,使い方

いかがでしたか?

 

デュオクレンジングバームで効果的に肌をより良くしようと思うなら、正しい使い方をしなくては、肌の調子もよくなりませんからね。

 

デュオクレンジングバームを間違った使い方をしてしまうとせっかくの効果が出るクレンジングが半減してしまうどころか、肌の調子を悪くしてしまいますので、正しく使って、肌をきれいにしていきましょう。